2017年1月15日日曜日

2016年の運用成績

このエントリーをはてなブックマークに追加

比率 年初来
日本株式 35.1% 4.1%
J-REIT 20.2% 10.8%
外国株式 19.9% -0.1%
外国債券 24.9% -4.5%
現金 0.0% n/a
合計 100.0% -0.1%
2016年は上海市場の暴落に端を発する世界同時株安から始まり、6月にはBrexitによる円高株安で-11.8%まで損失が拡大した。11月からのトランプ相場で一気に戻したものの、米国の金利上昇による債券の下落はいかんともしがたく、全体としては-0.1%で着地した。

リバランスを年末に行ったので、比率は新たなアセットアロケーションに基づくものになっている。リバランスの際に、Avest-EからSMTグローバル株式インデックスへの移行を行い、後者の買い付けの一部に今年のNISA枠を使った。Avest-Eを売却したときに売却益に課税されたため、売却額に対して5.1%の損失が出ている。

SMTグローバル株式インデックスの設定来のリターンは+59.7%で、同期間のAvest-Eのリターンは+63.7%である。ただし、これは分配金をすべて再投資した場合の数字だ。Avest-Eは分配金が多く、課税により再投資額が大きく目減りするので、それを考慮するとリターンは+53.8%まで下がる。

SMTグローバル株式インデックスの設定来のリスクは21.9%なのに対して、 同期間のAvest-Eのリスクは25.0%とかなり高い。リスクが高いのにリターンの低い投資信託から移行するためなので、一時的に損失が出るのもやむをえなかったのかなと。

2016年11月21日月曜日

アセットアロケーションの見直し

このエントリーをはてなブックマークに追加
以前紹介したように現在の目標アセットアロケーションは、国内株式30%、外国債券30%、外国株式30%、J-REIT10%である。外貨比率が60%と高目なため、今年の変動の激しい為替相場に翻弄されることになった。
最初は50%だった外貨比率を60%に増やしたのは、2011年10月に1ドル75円台まで円高が進んだときに為替差益を得るためだったので、すでに目的は果たしている。そこで外貨比率を50%以下に下げることにした。

現在の目標アセットアロケーションは恣意的に決めたもので、リスクに対してリターンが最大になるよう最適化されていない。今回は、以前紹介した最適なアセットアロケーションを求めるスプレッドシートを使って、最適化しつつ外貨比率を下げることを考える。

2016年1月9日土曜日

2015年の運用成績

このエントリーをはてなブックマークに追加

比率 年初来
日本株式 35.4% 20.3%
J-REIT 9.4% -5.2%
外国株式 27.3% -7.1%
外国債券 27.9% -5.0%
合計 100.0% 2.1%
2015年の運用成績はがプラスだったのは日本株式だけで、あとはマイナスで結果は+2.1%となった。

2015年3月6日金曜日

2015年2月の運用成績

このエントリーをはてなブックマークに追加

比率 先月比 年初来
日本株式 31.2% 4.8% 4.7%
J-REIT 10.2% 1.4% 0.9%
外国株式 29.8% 7.4% 0.1%
外国債券 28.9% 2.0% -2.9%
現金 0.0% n/a n/a
合計 100.0% 3.9% 0.8%
日本株式はTOPIX(配当込み)の+7.7%に対して、ひふみ投信は+4.8%とアンダーパフォームした。中型以下の比重が大きいひふみ投信は、大型株中心の上昇相場には付いていけない。J-REITは上旬は上下が激しかったが、月末に掛けて長期金利が低下したことで上昇し+1.4%となった。

外国株式は、欧米ともに好調だった上に、ドル円が円安に振れて指数が+5.2%だったのに対して、Avest-Eは+7.4%とアウトパフォームした。先月大幅に下落したスイスの株式が値を戻したことがプラスに寄与した。外国債券は、欧米ともに金利が上昇したが、ドル円が円安に振れた分プラスとなり+2.0%となった。

今年は最初から大幅マイナスでどうなることかと思ったが、一か月で取り戻せてよかった。